>>退職後

退職理由を伝える

勤めていた職場の退職を決意し、退職願い、退職届けと提出する書類の準備を進めますが、その理由をどう伝えたり、書いたりすれば良いのか迷ったり、悩んだりする場合もありますよね。

退職願い、退職届けでは大まかな理由を書いても、詳しくは書きません。自己都合の場合は見本を見ても「一身上の都合により」というような書き方をするのが一般的となっています。

私が職場を退職するときは、理由をあれこれと説明し、退職届けに書いた方が良いのか考えましたが、「一身上の都合」でよいと職場から言われたことがありました。

退職届けを出す前に、退職することを口頭で上司に伝えていたので、退職願いの提出はしませんでした。理由は秘密で伝えづらい場合は、退職願いにした方が良い人もいるかもしれませんね。

アルバイトの場合は止めるときに口頭で伝えて、退職になることも多いようですが、

言葉で伝える場合では書類での証明証のようなものも無いので後から手違いなどで、「聞いてません」というようなトラブルもあるかもしれません。

アルバイトやパート雇用であっても、見本を探してしっかりと書類を作成し、提出した方が証明にもなるので、トラブルも防げます。

田舎などの職場によっては適当なところも多く、そのようなやり取りもなく仕事が終了することもあるので念のため注意した方がいいようですね。

定年退職、解雇、倒産の場合は、辞表の提出は必要ありません。